【体験談】ドラム式洗濯機を使用して感じたメリット・デメリット

子育てに関する事
スポンサーリンク
忙しい主婦
忙しい主婦

毎日の洗濯が大変だっ

興味がある人
興味がある人

ドラム式洗濯機って良いのかな?

こんにちは、おんたです。

今回は時短家電ドラム式洗濯機

メリット・デメリットを紹介します。

値段も高いし購入するか悩みますよね?

私は購入し使用して数ヶ月ですが、

使用し始めてから気付くことがありました。

おんた
おんた

スペックの比較ではなく

体験して感じたことを書きます

ちなみに、私が使用してるのはこの機種です。

日立 10.0kg ドラム式洗濯乾燥機【左開き】ホワイトHITACHI BD-SG100EL-W

この記事を読むと、生の声を知った上で、

ドラム式洗濯機の購入を検討できます。

こんな方におすすめ
  • ドラム式洗濯機を検討している
  • 性能比較でなく生の声を知りたい
  • 忙しいと悩んでいる
スポンサーリンク

ドラム式洗濯機を使用した感想【トータルは満足】

おんた
おんた

値段以上に価値がありました

はじめに、購入前の状況を書いておきます。

購入前の状況
  • 夫婦、5ヶ月の娘の3人暮らし
  • 縦型10kgの洗濯機使用(購入2年)
  • 平日1日1回、休日1日2回くらい使用
  • 通常・おしゃれ着・こどもで分類

購入目的は家事時間の短縮です。

10万円以上の高い買い物でしたが、

実際に時短に繋がり満足しています。

ドラム式洗濯機のメリット

おんた
おんた

生活の自由度が上がりました

使用して感じたメリットは5つです。

メリット
  • 時間を気にせずに洗濯できる
  • 天気を気にせず洗濯できる
  • 干す、取り込むの過程が減る
  • タオルがふかふかで気持ちいい
  • 時間を有効活用する意識が出る

時間を気にせずに洗濯できる

以前は、洗濯物を干して乾く時間を考慮して

予定を決めることもありました。

おんた
おんた

土曜日の午前は洗濯が定番でした

ドラム式洗濯機を導入して、

時間を気にする必要がなくなりました。

例えば、

  • 夜寝ている間
  • 出かけている間

なども洗濯・乾燥コースで回しておけば

自分が居なくても完了しています。

天気を気にせず洗濯できる

おんた
おんた

梅雨も怖くなくなります

忙しくて洗濯物が溜まることがありますよね。

まとめて洗濯できる日が雨だと、

  • 部屋干しで時間がかかったり
  • 生乾きの匂いが残ったり

テンション下がりますよね。

ドラム式洗濯機で乾燥まで済ませれば、

天候に関係なくカラッと乾きます。

干す、取り込むの過程が減る

今までは以下のステップを行ってました。

洗濯→干す→取り込む→たたむ

また、その間に乾き具合の確認や

天気予報を注意する必要がありました。

おんた
おんた

意外とやること多い

ドラム式洗濯機では、

洗濯・乾燥→たたむ」の2ステップに

減るので時間と心配が減らせます

タオルがふかふかで気持ちいい

おんた
おんた

補足はいりませんね

ふかふかで気持ちいいです。

購入後初めてホカホカでふわふわのタオル

触った時は感動しました。

時間を有効活用する意識が出る

値段というデメリットをメリットに変える

重要な考え方だと思っています。

お金を払って時間を作ったからには

有意義に過ごそうという気持ちになります。

おんた
おんた

私はこんな時間にあてています

  • 勉強時間に当てる
  • 副業にチャレンジする
  • 幸せを感じる時間を過ごす

ドラム式洗濯機で1日30分増えれば、

1ヶ月で15時間1年では約180時間です。

将来のお金を生み出す時間にできます。

ドラム式洗濯機のデメリット

おんた
おんた

事前に分からない事が多かったです。

デメリット
  • 乾燥できない服が多い
  • 仕分けが大変
  • 独特な匂いがある
  • 洗浄力が弱い
  • 値段が高い

乾燥できない服が多い

<br>おんた

おんた

意外と乾燥禁止が多い

持っている服の洗濯表示を確認すると

ドラム式洗濯機で乾燥できないものもありました。

ちなみに、洗濯表示は以下の通りです。

政府広報オンラインより引用

また、タオルを洗濯・乾燥する場合は

他の洗濯物と分ける必要があります。

実際に自分が持っている服の

表示を確認しておくと良いですね。

仕分けが大変

おんた
おんた

我が家の分類はこうなりました

我が家の洗濯カゴは2つで、

タオルの他で分けています。

その他の洗濯物も洗う時には

乾燥可乾燥不可に分けます。

これらをまとめると下記のような

洗濯のパターンになりました。

洗濯物の分類①タオル②乾燥不可③乾燥可
  • 洗濯・乾燥コース(①)
  • 洗濯コース(②)
  • 洗濯・乾燥コース(③)
  • 洗濯コース(②と③)→乾燥コース(③)

下の3つは量によって使い分けています。

仕分けの手間は増えたと思います。

おんた
おんた

乾燥可の服を着たくなります

洗濯表示が不可でも乾燥してダメージの

少ない物がないか実験中です。

独特な匂いがある

乾燥した時に、独特の匂いがありました。

匂いは使用を重ねると弱くなる

という話も聞くので待ってみます。

気になるようなら柔軟剤など変更してみます。

洗浄力が弱い

気になる回数は少ないですが、

縦型の洗濯機に比べて洗浄力が弱い

と感じることがあります。

例えば、子どもの食べこぼしが

服に着いた時は以前よりも

手洗いでしっかり落とすようにしています。

値段が高い

ドラム式洗濯機は値段が高いですが、
私が購入した物は中では安価なタイプです。

日立 10.0kg ドラム式洗濯乾燥機【左開き】ホワイトHITACHI BD-SG100EL-W

機能は上位モデルに比べて少ないですが、
十分にメリットを発揮してくれています。

まとめ

おんた
おんた

最後におさらいです

ドラム式洗濯機を使用して感じた

メリット・デメリットはこちらです。

メリット
  • 時間を気にせずに洗濯できる
  • 天気を気にせず洗濯できる
  • 干す、取り込むの過程が減る
  • タオルがふかふかで気持ちいい
  • 時間を有効活用する意識が出る
デメリット
  • 乾燥できない服が多い
  • 乾燥の可否で仕分けが大変
  • 乾燥すると独特な匂いがある
  • 洗浄力が弱い
  • 値段が高い

全部含めて買って満足しています。

一つの家電ではありますが、時間を買うという

お金の使い方は満足度が高いです。

日々の家事が忙しいと悩む方には、

導入を検討すべき製品だと思います。

最後まで読んでいただき、

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました