家計管理を夫婦で行う時に実施すべき5つのこと【貯金したい人必見】

お金に関する事
スポンサーリンク
悩んでいる人
悩んでいる人

家計管理ってどうやってやるんだろう

こんにちは、おんたです。

今回は夫婦で家計管理を行う上で

実施すべきポイントを解説します。

おんた家ではプロポーズから子育て中の

現在まで状況に合わせて家計管理を行っています。

おんた
おんた

管理方法は変化しています

2019年も収入の30%以上

貯蓄・投資にあてる事ができています。

この記事を読むことで、夫婦で納得して

家計管理を始めることができます。

こんな方におすすめ
  • 家計管理を行いたい
  • 将来に向けてお金を貯めたい
  • 結婚の予定が決まった
スポンサーリンク

家計管理を夫婦で行う時に実施すべき5つのこと

おんた
おんた

できそうなものから始めましょう

実施すべきこと

実施すべきことはこちらです。

5つの実施すべきこと
  1. お金の話をする環境を作る
  2. 将来の働き方を考える
  3. 目標と予算を立てる
  4. お互いの聖域を作る
  5. 家計管理の手間を減らす

夫婦生活はまだ3年ほどですが、

家計管理のパターンもいくつか経験しました。

家計管理の要素とは

おんた
おんた

大枠から捉えましょう

家計管理の「要素」を知ると、

これからなにを決めべきか分かります。

資産形成は次の式で表されます。

資産形成=(収入−支出)+(資産×運用利回り)

お金持ちになれる黄金の羽の拾い方より引用

つまり、資産形成の方法は大きく3つです。

  • 収入を増やす
  • 支出を減らす
  • 運用利回りをあげる

3つとも同時に取り組むと効果的です。

投資の話は量が多いので、

収入を増やす」「支出を減らす」の

2つの取り組みにしぼって紹介します。

お金の話をする環境を作る

おんた
おんた

まずは環境づくりから

家計管理は2人でするもの

私は家計管理は2人ですべきだと思います。

理由は以下の通りです。

  • 納得感が生まれるから
  • 不安が解消されるから
  • 収入を線引きできないから

二人で話し合いながら決める事で、

納得して不安を解消して改善できます。

また、お互いのサポートや妥協の上での

収入は全て自分の収入とは言い切れません。

目的を共有する

パートナーとお金の話はしにくいな

と感じる方もいると思います。

お金を貯めること=いやしいこと

と思う人もいるかもしれません。

解決策は「数字としてのお金」ではなく、

お金でできること」を目的にすることです。

おんた
おんた

例えばこんな感じです

  • 新婚旅行の為に、1年で100万円を貯める
  • 良い旅館に泊まる為に、月5,000貯める
  • 教育資金の為に、5年で100万円貯める

夫婦でやりたいことを話し合ってから、

お金に落とし込むと話しやすいです。

将来の働き方を考える

おんた
おんた

収入を増やす戦略です

単純に年収UPさせる意外にも

家計の収入を増やす方法はあります。

収入の柱をイメージする

家計の収入を上げる為には、

収入の柱を意識する必要があります。

柱の数を増やすには、共働き副業

柱を大きくするには、昇格転職があります。

おんた
おんた

状況に応じて取り組む内容が変わりますね

例えば、私の場合は副業にチャレンジして、

収入の柱を増やす取り組みをしています。

共働きは金銭的なメリットも大きい

おんた家では、共働きで働ける環境を優先しています。

なぜなら、このようなメリットがあるからです。

  • 家計に対して税金が安くなる
  • 育児休業給付金にも対応できる
  • 柱が増えてリスク分散になる

例えば、共働きができない状況になるなら

私の給料が下がっても回避します。

おんた
おんた

もちろん、妻の働きたい意思が

あるのが前提です

最近では、保育園に入れなかったケースを

想定して地域を指定して働く制度の利用も

検討していました。

目標と予算を立てる

おんた
おんた

実際に管理をはじめます

家計管理を考える上で参考にしている本があります。

お金の名著「バビロン大富豪の教え」です。

興味がある方は読んでみてください。

目標のたてかた

まずは、目標の金額期間を決めましょう。

  • 使用目的に応じて決めたり
  • 所得に対する割合で決めたり
  • 予算から逆算して決めたり

どの方法でも良いと思います。

おんた
おんた

バビロンの大富豪の教えの中では

「収入の10%を貯金せよ」という教えがあります

決まらない人は10%から始めましょう。

実際に目標金額が決まったらスタートです。

予算のたてかた

全体の額が決まったら、小項目を決めます。

食費○万円、交際費○万円というやつです。

全く値段の検討がつかないという人は、

1ヶ月だけ支出を記録してから決めましょう。

予算の金額自体より限られたお金を

何に使うかの優先順位の判断が重要です。

おんた
おんた

バビロンの大富豪の教えの中にも

「欲望に優先順位をつけよ」という教えがあります

我慢してお金を使わないというより

何にお金を使うか考え比べるのが目的です。

お互いの聖域を作る

おんた
おんた

継続の秘訣です

価値観が一致しないことを理解する

夫婦でも価値観が完全には一致しないです。

これを理解して予算に余白を作るのが

ストレスなく継続するポイントです。

例えば、

  • 趣味にかかるお金
  • 化粧品へのこだわり
  • 飲み会のお金

などは価値観がズレやすいですね。

お互いに口を出さない分野(聖域)も必要だと思います。

完璧にやるより継続すること

家計の管理は継続することで

大きな力になります。

例えば、月15万円を3ヶ月で挫折するより

5万円を1年継続した方が大きいです。

おんた
おんた

続けると慣れてきます

完璧を初めから目指すより、

継続と改善を繰り返した方が効果的です。

家計管理の手間を減らす

おんた
おんた

手間を減らすことも継続のコツです

おんた家は家計簿アプリを使用しています。

銀行口座の残高を確認する

最もかんたんな方法です。

毎月決まった日に、銀行残高で増減を確認します。

この方法では月に1回、数分で終わります。

注意点
  • 支出の項目は分からない
  • カードなど後払いが考慮できない

カードの支払いも含めて管理すると

少し手間が増えるので、家計簿アプリがおすすめです。

家計簿アプリを使用する

家計簿アプリを使うことで、

項目ごとの集計振り返りが楽になります。

夫婦で同期できるものを選ぶと楽です。

おんた
おんた

私はZaimとマネーフォワードを使っています

予算設定と家計簿のみならZaim、

口座管理はマネーフォワードMEがおすすめです。

投資を始めて口座が増えたので、

マネーフォワードMEに集約しようと思っています。

まとめ

おんた
おんた

最後におさらいです

実施すべき内容はこちらです。

5つの実施すべきこと
  • お金の話をする環境を作る
  • 将来の働き方を考える
  • 目標と予算を立てる
  • お互いの聖域を作る
  • 家計管理の手間を減らす

お金の話は卑しいものでは無いです。

これから、どんな生活を送りたいのか

夫婦や家族で夢を語る良い機会です。

存分に語り合って、思い通りの家計管理で

楽しい夫婦生活にしてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました