無効なトラフィックの問題でGoogleアドセンス制限【原因と対策】

副業に関する事
スポンサーリンク
困っている人
困っている人
  • Googleアドセンスの
    広告表示がなくなった
  • 無効なトラフィックって
    なんのこと?
おんた
おんた

こんにちは、
おんた(@ontablog)です。

Googleアドセンスの広告が
無効なトラフィックの問題」で
制限された時の原因と対策を紹介します。

私の場合もそうでしたが、
「せっかく収益も増え始めたのに…」
という時に起こりやすいです。

おんた
おんた

やる気を奪われないためにも
事前にできる対策はしましょう!


この記事では、

  • 広告が制限された原因
  • 制限を解除する方法
  • 事前に気をつけるべきこと

の3つの内容をまとめます。


事前にできる対策もあるので
ぜひ、最後までご覧ください。

こんな方におすすめ
  • トラブルを事前に避けたい
  • 無効なトラフィックの問題で
    AdSenseに制限がかかった
  • 原因、対処法、予防策をしりたい
スポンサーリンク

Googleアドセンスの広告制限から解決までの経緯

おんた
おんた

まずは私が経験した
流れを紹介します

時系列はこの通りです。

停止から復活までの流れ
  • 6月22日 Twitterからの流入急増
  • 6月24日 ブログ添削での流入増加 
  • 6月24日 広告の制限開始
  • 7月2日  広告の表示再開
  • 7月9日  注意書き含め解決


大きく分けて考えると、

  • SNSからの流入増加
  • Googleアドセンスの広告制限
  • 自然に広告の再開

という流れでした。

SNSからの流入増加

2つのことが重なりました。

  • Twitterのリツイート砲
  • ブログの添削の依頼

これでPV、ユーザー数が急増しました。

おんた
おんた

これ自体はすごく
嬉しいことでした

ユーザー数の推移


制限前の6月21日〜24日を見ると、
60%がSocial20%がDirectであり、
検索以外の流入が急増していました。

おんた
おんた

いつもは検索が7割、
それ以外は3割くらいです

 

  • 急激な増加
  • 流入経路の変化

が無効なトラフィックを疑われた
理由になっている可能性があります。

Googleアドセンスの広告制限が開始

おんた
おんた

あれ?広告出てないぞ?
と思ってアドセンスを見ると…

表示できる広告の数が制限されています。詳しくは、ポリシーセンターをご確認ください。

GoogleAdSenseより引用

こんな悲しい文章が書かれていました。

そして、広告の表示回数を振り返っても

広告の表示回数


再開までの約1週間は
全く表示されませんでした。

自然に広告の再開

おんた
おんた

私の場合は対処なしで
復活してくれました

原因や対策を検索した結果、

  • 自分のケースに該当
  • 実行可能

な対策はありませんでした。

放置しながら記事作成していると
8日後に広告の表示が再開し、
15日後には注意書きも消えました

 
 

おんた
おんた

ここまでのまとめです

経緯のまとめ
  • SNSからの流入が原因?
  • 解決のために実施したことは無い
  • 広告の停止は8日間、
    注意書きは15日間続いた

無効なトラフィックの問題の原因と対策

おんた
おんた

原因と対策を整理します

この記事では分かりやすさ重視で、
大枠を解説していきます。

公式な表現で詳しく確認したい場合は、
AdSenseヘルプをご覧ください。

Googleアドセンスの広告制限の原因

原因は注意書きに書かれた通り、
無効なトラフィックの問題」です。

おんた
おんた

ざっくり解釈すると
こうなります

無効なトラフィックとは、
収益を作為的に増やす可能性のある
クリックやインプレッション
です。


例えば、このようなものです。

  • 自己クリック
  • 他ユーザーの繰り返しクリック
  • クリックの誘導
  • 自動クリックツール

おんた
おんた

意図的な場合以外も
含まれます

さまざまなケースが考えられますね。

「違反があったから停止」というより
「疑いがあるから調べてください」
というニュアンスのようです。

Googleアドセンスの広告再開に向けた対策

おんた
おんた

対策は限られています

大きく分けて2パターンです。

  • 自然に解除されるのを待つ
  • 特定してアドセンスに報告する

それぞれについて紹介します。

自然に解除されるのを待つ

具体的にやることはありません。

ただ、原因で思い当たることがあれば
改善しておきましょう。

例えば、こんなケースです。

  • 自分でクリックしていた
  • 他人にクリックを依頼していた
  • クリックを誘導する文面がある

このような極端な例でなければ待機です。

無効なトラフィックを特定してアドセンスに報告する

特定方法はアナリティクスの活用です。

アナリティクスとアドセンスを
連携してないと情報が見れません

おんた
おんた

私はこれをやっておらず、
見れませんでした

ざっくりですが手順を紹介します。

アナリティクスから
集客→全てのトラフィックを開き、
AdSenseを選択します。

探すべきポイントは、
AdSenseのCTRが異常に高いです。

無効なクリックの連絡フォームから
分かった情報を報告します。

原因と対策のまとめ
  • 原因はルール違反の疑いがあること
  • 対策は放置か原因の特定
  • 特定はアナリティクスを利用

ブロガーが事前に気をつけるべきこと

おんた
おんた

実際にこの制限を受けてない方
にも役に立つ内容です

私が今回のことで学んだ内容です。

事前にしておけば良かったことを
まとめています。

アドセンスのルールを守る

ルールを守りましょう。

おんた
おんた

「そんなの当たり前だろ!」
と思いますが自分以外も
守れる環境が必要です

今回GoogleやTwitterの検索結果では
さまざまなパターンが見られました。

  • 親が応援で毎日クリック
  • 競合ブロガーから嫌がらせでクリック
  • 応援クリックのつもりのブログ仲間

こんなケースに該当しないか、
状況を確認しておきましょう。

アドセンスとアナリティクスを連携する

無効なトラフィックを探すための
唯一の情報源です。
(※連携前の情報は見れません。)

アドセンスの情報を分析するためにも
役に立つので連携してない方は
今すぐやっておきましょう!

説明のリンクも貼っておきます。
AdSenseとアナリティクスをリンクする

対策のプラグインを導入する

無効なトラフィックの中でも、
悪意のある連続クリックを防ぐための
プラグインがあります。

AdSense Invalid Click Protector
というプラグインです。

設定できるのは3つです。

  • 何回の連続クリックで
  • 何時間の間に
  • どれくらい配信停止するか

設定の例を出すと、
「1時間で3回以上クリックしたら15日間は広告の配信を停止」
などの条件が決められます。

これだけでも悪意あるクリックは
ほとんど防げそうですね。

まとめ:対処は焦らず、事前準備はしっかりと

おんた
おんた

最後におさらいです

無効なトラフィックの問題で
アドセンス広告が停止になった時の
原因と対処法を紹介しました。

無効なトラフィックの問題の原因と対策
  • 原因はルール違反の疑いがあること
  • 対策は放置か原因の特定
  • 特定はアナリティクスを利用

もしもの時に対策できるように、
アドセンスとアナリティクスの連携
だけはやっておきましょう!

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

関連記事です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました