【体験談】ルンバを使用したメリット・デメリット【時短家電】

副業に関する事
スポンサーリンク
忙しい人
忙しい人

ルンバって使いやすいの?

悩んでいる人
悩んでいる人

高いからデメリットも
知ってから購入したいな

こんにちは、おんたです。

今回はルンバの実際の使用体験から
メリット・デメリットを紹介します。

おんた
おんた

時短家電の代表格ですね

購入後から掃除の手間が大きく減って
大満足の買い物でした。

この記事を読むことで、
ルンバのある生活をイメージして
購入を検討することができます。

私が使用している機種はルンバ980です。

こんな方におすすめです
  • ルンバの購入を検討している
  • 使いやすいのか知りたい
  • 使用した体験談を知りたい
スポンサーリンク

ルンバを使用したメリット・デメリット

おんた
おんた

トータルは買って満足です

メリット・デメリット

実際に使用して気づいたポイント中心に
紹介していきます。

ルンバのメリット
  • 掃除の時間が少なくなる
  • 細かいホコリも吸ってくれる
  • 床にものを置きにくくなる
ルンバのデメリット
  • 掃除の前後に手間がある
  • エラーで止まることがある
  • 掃除できない箇所がある

ルンバ980を選んだ理由

ルンバの中でも980を選んだ理由は
値段と性能のバランスが良いからです。

下位の機種にない機能は以下です。

  • 自動充電・自動再開
  • ゴミフルサイン
  • 清掃モードの設定
  • Clean Map レポート
  • フロア全体を清掃

掃除をおまかせするのに必要な機能が
揃っていたので選びました。

ルンバのメリット

ルンバのメリット
  • 掃除の時間が少なくなる
  • 細かいホコリも吸ってくれる
  • 床にものを置きにくくなる

掃除の時間が少なくなる

おんた
おんた

時短家電の代表格ですね

1日20分削減するだけでも、1ヶ月で10時間
1年で120時間の時間を生み出せます

掃除中に他のことができる

ルンバが掃除を頑張っている間に

  • 買い物に出かけたり
  • お風呂に入ったり
  • 副業に取り組んだり

好きなことをして過ごせます。

掃除の全てが無くなるわけではないですが、
圧倒的に時間は少なくなりました

アプリでスタートできる

ルンバ980では、iRobot HOMEアプリで
外出先からも操作が可能です。

おんた
おんた

未来の生活みたいで
ワクワクしました

自分でルンバのスイッチを押さなくても
アプリから操作すればOKです。

細かいホコリも吸ってくれる

おんた
おんた

掃除機として大切な
ポイントですね

スティックタイプの掃除機より
吸引力が強いと感じています。

これを感じたポイントは2つです。

  • ダストボックスのホコリが細かい
  • 床の髪の毛の残りが少ない

掃除機をかけるのが面倒な机の足の下なども
綺麗にしてくれるので助かります。

床にものを置きにくくなる

床に物があると掃除できる範囲が減ったり
乗り上げてエラーになったりします。

この不便が部屋の物を片付ける習慣になります。

おんた
おんた

助けてあげたくなるんです

だんだんとルンバに愛着が湧いてきます。

ルンバが快適に掃除ができる環境は
自分たちにとっても過ごしやすいです。

物もホコリも少ない綺麗な部屋
ルンバで手に入れられます。

ルンバのデメリット

おんた
おんた

購入前にイメージが
湧きにくかったです

ルンバのデメリット
  • 掃除の前後に手間がある
  • エラーで止まることがある
  • 掃除できない箇所がある

不慣れで起きたトラブルも入ってます。

掃除の前後に手間がある

掃除前の準備

おんた
おんた

部屋によっては0になります

我が家では床の物がなくなりませんでした。
そのため、使用前に準備があります。

  • 床の物(おもちゃ、洗濯物)を片付ける
  • 軽いゴミ箱を避難する
  • 電源コードを机に上げる
  • 除外ゾーンの設定

ゴミ箱が倒れたりコードが絡まったり
するのは使用して初めて気付きました

おんた
おんた

ルンバの気持ちになって
部屋を見渡すと必要な準備が
イメージできます

普通の掃除機より
ちょっとだけ準備が多い印象です。

掃除後の片付け

使用後の片付けは通常の掃除機と同じです。

私が使っているモデルでは
ダスト容器の掃除がしにくいと感じました。

他のモデルでは水洗いできるものや
ダスト容器の掃除まで自動のものもあるので
予算に応じて選んでみてください。

エラーで止まることがある

障害物で止まる

掃除の途中で止まってしまうケースです。

おんた
おんた

HPには段差は2cmまでは
OKと書かれています

具体的に我が家で止まってしまった
ケースを紹介します。

  • ホットカーペットの電源部分(高さ3cm)
  • 電源コードの絡まる
  • 大きなものを吸い込む

いずれも数回経験した後は
準備で避けるようにして解決しました。

その他のエラー

障害物以外には

  • ホームが見つからない
  • ダスト容器がいっぱい

などのエラーを経験しました。

どちらも使っていくうちに慣れて
エラーは出なくなりました。

掃除できない箇所がある

おんた
おんた

ルンバにも限界があります

除外ゾーンのぎりぎり

ルンバではデュアルバーチャルウォール
をセットして除外ゾーンを設定できます。

我が家では子どもが遊ぶための
マットの上は除外しています。

除外ゾーンのマットのぎりぎりは
掃除されないので別で掃除が必要になってます。

ルンバが入れない場所

ルンバが走行できるのは
高さ10cm以内、段差2cm以下の範囲です。

それ以外は自分で掃除する必要があります。

例えば、階段・トイレ・テレビ代の下などは
ルンバ購入後も変わらず自分で掃除します。

まとめ

おんた
おんた

トータルで満足です

今回はルンバのメリット・デメリット
を紹介しました。

ルンバのメリット
  • 掃除の時間が少なくなる
  • 細かいホコリも吸ってくれる
  • 床にものを置きにくくなる
ルンバのデメリット
  • 掃除の前後に手間がある
  • エラーで止まることがある
  • 掃除できない箇所がある

デメリットに関しては慣れで解決する問題
が多く、次第に減ってきました。

可愛い可愛いルンバを手に入れて、
掃除の手間から解放されましょう。

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました